過払い金返還とは

過払い金の返還請求は過去にしていた借金について、ある法律の法改正と最高裁の判例を元にした結果、法で定められているよりも多くの利子が発生してしまっていたという事から、その余計に支払っていた利子を取り戻すことが出来るというものです。
過去における金銭の貸借についての法律は貸金業者側にとってかなり有利な条件付けになっていました。
そんな法律も今では改正され貸主と借主の双方の関係は対等な物になったと言えるでしょう。
そして今、過去の借金において発生してしまった過払い金を返還請求できるようになったことで、過去の間違った法律で起きてしまった歪みを少しでも修正できるようになったのです。

過払い金の返還が行われれば、借金を完済していればその過払いで発生した金額が手元に戻ってきます。
ですが、間で借金が残っている場合ですとその過払い金の返還分は残っている借金の返済に充てられ、そこで使いきってしまえば返還分は手元に戻ってはきません。
その点は理解した上で過払い金の返還請求を行うのが良いでしょう。
そんな過払い金の返還請求ですが、普通であれば弁護士などの専門家に依頼することで過払い金返還の為の手続きを行っていきますが、知識さえあれば自分でその手続きを行うこともできます。
ただしその煩雑な手続きには時間がかかるという事は覚悟しておかなくてはなりません。

過去の借金返済金の一部が返ってくるかもしれない過払い金返還請求ですがその返還請求手続きにメリットがあるのは分かると思いますが、デメリットはどうなのでしょうか。
次のページでは過払い金の返還請求におけるメリットとデメリットについて説明します。



▽過払い特集
過払い金の請求 === 過払い金の請求について弁護士へ依頼が可能な法律事務所のサイトです。

Copyright © 2014 過払いのメリット・デメリット All Rights Reserved.